問題提起とそれに対する意見をまとめましょう

小論文の書き方

書く人

問題を提起する

テーマから対立する意見を見つけましょう。小論文の書き方のポイントになります。

両方の意見へ理解を示す

肯定と否定の意見に分けて考えるのが小論文です。その中でも、自分の意見を主張しつつ、反対側の意見を尊重することが重要です。なぜならその問題に正解は無いので、どちらかというとの意見を論理的に述べることが重要になります。

理由説明し結論

自分が意見に対してその立場に立つ理由を明確にしましょう。それによっての結論を述べて、必要であれば補足説明を付け足して自分の意見の印象を強めましょう。

小論文に必要な力

4つの力が重要

伝わりやすい小論文を書くには4つの力が必要です。伝わりやすく小論文を書きやすくするために身につけましょう。

論じるための読解力

設問や資料を読み解いて、そこから繋がる事柄をさらに読み解く力です。論理的に設問を解き論理的な文書を書くために必要です。

自分なりの発想力

設問への疑問や問、それに対する具体例やアイデアを考え付くために発想力が必要です。特に自分なりに考え付く発想というのが大事です。

論理的な思考力

発想力から導き出したアイデアを、いかに論理的に意見や理由を組み込めるかが必要になります。小論文の道筋を建てるために、論理的思考力が重要です。

伝える表現力

これらすべての力をまとめて伝えることができる表現力が必要です。読み解く力から発想に転換し思考する能力があっても、伝える力が無ければ小論文として評価されにくいです。うまく簡潔に伝える力をつけましょう。